トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 創刊号(2007年9月20日発売)

その他 ニュース

創刊号(2007年9月20日発売)

掲載内容

  • ■アジアリーグ展望
  • ■アジアリーグ選手名鑑
  • ■全国高校選抜大会
  • ■全国選抜小学生サマー大会
  • ■大学選手一覧

 

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

 

 

Breakaway創刊号は、好評により売り切れとなりました。ご了承ください。

雑誌のネット販売を行っている「富士山マガジンサービス」より、デジタル雑誌としてご購入いただけます。

 

 Fjujisan.co.jp

 なお、確実に毎号購読をご希望される方は、こちら

 

2007-2008 アジアリーグ展望&選手名鑑

クレインズの優勝で幕を閉じた2006-2007シーズン。各チームともアジアリーグ王者を目指し、新たなスタートを切った。今シーズンのアジアリーグを制するのは果たしてどのチームか? 連覇を目指す日本製紙クレインズ。王座奪還に燃えるSEIBUプリンスラビッツ。更なる躍進を狙う日光アイスバックス。古豪復活に賭ける王子製紙。韓国・中国チームの動向も気になるところ。

アジアリーグ開幕直前に創刊予定の「Breakaway」では、2007-2008シーズンの各チームの展望、選手名鑑、会場情報、選手インタビューなどの掲載を予定しております。お楽しみに!

 

 

 

 

第2回「氷上の甲子園」全国高校選抜大会特集!

8月10日~15日、「第2回全国高等学校選抜アイスホッケー大会」が北海道苫小牧市で開催される。全国各地から集まる27チームが高校日本一を目指す! 7月18日、組合せ抽選会が行われ、参加27チームのトーナメントが決まった。昨年のベスト4、駒大苫小牧、苫小牧東、清水、埼玉栄はシード。1回 戦の注目カードは、北海道栄vs白樺学園、釧路工業vs北海。しかもその勝者がそれぞれ駒大苫小牧、埼玉栄と2回戦で対決するなど、序盤から激しい試合が 期待できそうだ。

さらに今大会ではクラブチームや選抜チームの参加が認められ、西武ホワイトベアーズが全国大会に初参加。7月に東京で行われたダイドードリンコカップでは、優勝した武相と互角の戦いをしているだけに注目が集まる。

 写真)東京地区予選より

 

JTB杯争奪第10回全国選抜小学生サマー大会特集!

7月26日から29日の4日間、北海道苫小牧市の白鳥アリーナで開催された「JTB杯争奪第10回全国選抜小学生アイスホッケー・サマー大会」を特集! 9地域の選抜チームが熱戦を繰り広げ、苫小牧選抜が素晴らしい攻撃力でその頂点に立った。本州勢の活躍も必見!
各チームのメンバー紹介や試合リポートは創刊号で!

 

 

 

 

 

 

 

関東・関西大学リーグ登録選手一覧!中学生&女子・大会リポート!

関東大学リーグが9月23日の早稲田対中央戦で幕を開ける。また、関西大学リーグも9月下旬にスタート。創刊号では関東リーグの1部から5部までの全45校と関西リーグ1部7校の登録選手情報を一挙に掲載。開幕に先立ち、注目の選手をチェック!
中学生と女子では、この夏に行われた各種大会をリポート。本格的なシーズンインを前に、各地で熱戦が繰り広げられた。
また、バンクーバー五輪出場を目指す女子日本代表のカルガリー合宿の様子も掲載。五輪最終予選が予定されている来年11月まで、彼女たちの成長に注目!

Breakaway創刊号は9月20日に決定!購読のお申し込みはお早めに。

 写真) 春を制した早稲田、秋・インカレと3冠を狙う

 

 

創刊号は124ページの特大号に!

9月20日発売の創刊号は、特集ページのほかにも大会リポートや各種連載記事など、アイスホッケーの話題を豊富に盛り込んだ「124ページ特大号」に決定!
連載では、日本代表の坂井寿如ゼネラルマネージャーが、これからの日本アイスホッケーを語る「Nexts of JAPAN」
全国各地で数々の試合をさばく川村一彦レフェリーが、独自の視点でアイスホッケーについて綴る「Justice on Ice」
オリンピック開催を控えるバンクーバーからの最新情報「北米便り From Vancouver」
お隣、韓国からの話題をお届けする「韓国アイスホッケー情報」など。
124ページに余すことなくアイスホッケーの話題を詰め込んだ特大号は、9月20日発売!

 写真) 「Nexts of JAPAN」連載:日本代表・坂井寿如GM


このページのTOPへ