トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 002号(2007年10月30日発売)

その他 ニュース

002号(2007年10月30日発売)

掲載内容

  • ■アジアリーグ 開幕詳報
  • ■関東大学リーグ開幕
  • ■第7回全国私立高校選抜大会
  • ■第1回日光霧降カップ少年大会
  • ■女子Aグループ・選手一覧

 

 

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

 

 

 

 

アジアリーグ開幕詳報

9月22日に開幕したアジアリーグ。国内4チームに加え、好調を見せる韓国勢と大幅に戦力補強を行った中国。7チームの力が拮抗した今シーズンは、各地で激しい戦いが繰り広げられている。
Breakaway第2号では、韓国で行われたプレジーズンマッチを始め、国内開幕戦、そのほか注目試合をレポート。また、開幕戦で好調だった選手 を各チームからピックアップしてインタビュー。さらに、チーム内やホームタウンで選手たちの戦いを支える活動をお届けする。なかなか手に入らない韓国、中 国チームの情報も。今後のアジアリーグ観戦がさらに面白くなる「アジアリーグ開幕詳報!」をお楽しみに。

 

 

 

関東・関西大学リーグ開幕

9月下旬に開幕した関東・関西の大学リーグ。北海道苫小牧市で行われたプレシーズンマッチ、大学交流戦からリー

グ戦序盤まで、今シーズンの大学ホッケーの動向を追った。
関東は明治、東洋、早稲田、法政の戦

いを中心に好カードをピックアップ。また、3つ巴が予想される関西リーグでは、3連覇を目指す関西大学のチーム状況や、覇権奪回を目論む立命館大と同志社大の動きに注目。
いよいよスタートした大学リーグは、関東・関西ともに優勝の行方が見えない混戦模様。序盤から勝ち星を奪い合う大学生の真剣勝負をお見逃しなく!

写真:上から、
関東大学リーグ・明治vs法政
関西大学リーグ・関西vs龍谷

 

全日本女子Aグループ・チーム紹介&選手リスト

4月の世界選手権でトップディビジョン昇格を果たし、波に乗る女子ホッケー。国内のトップで戦う8チームを紹介する。
Aグループに所属するのは、加森観光ベアーズ、SEIBUプリンセスラビッツ、岩倉ペリグリン、Daishin、札幌バッカーズ、トヨタシグナス、 フルタイムシステム御影グレッズ、レディースラビッツの8チーム。各チームの監督と主将に今季の目標やチームの特徴などを聞いた。この他に、4月に日光で 行われた世界選手権で大会最多得点を挙げた足立友里恵選手にインタビュー。女子アスリートへの関心が高まる昨今の日本スポーツ界、氷上のなでしこたちにも 注目!

写真:2007オータム女子アイスホッケー大会
SEIBUプリンセスラビッツ(青) VS 加森観光ベアーズ

 

 

第7回全国私立高校選抜大会特集

9月中旬に青森県八戸市で開催された私立高校選抜大会。夏の全国選抜大会から1ヶ月、各チームがそこでの経験を生かし、練習を重ねて臨んだ大会の模様をレポート。
参加チームは、駒大苫小牧、北海道栄、北海、八戸工大一、東北、水戸短大附、埼玉栄、武相の8校。決勝は、インターハイ王者・駒大苫小牧と夏の全国 選抜優勝・八戸工大一の対決となった。結果は駒苫が八工大一を圧倒。高校ホッケー界の王者が、いよいよその本領を発揮し始めた。インターハイ制覇を目指す 高校生たちの貴重なプレシーズンマッチをチェック!

 

 

 

 

新大会のレポートや新連載でさらに充実

今シーズンから、八戸、日光、大阪で新設された大会の模様を紹介。好評の連載記事も新たに追加し、さらに内容充実したBreakawayにご期待ください!
この秋、丸大食品わんぱくカップ(八戸)、霧降カップ(日光)、AQUAPIA CUP(大阪)の記念すべき第1回大会が開催された。各地で小中学生を対象にした大会が新設され、少しずつホッケー界の底辺を拡大する動きが進んでる。将 来の日本のホッケー界を担う選手たちの活躍に注目。
さらに、新連載の「フィジカルアップ・トレーニングアドバイス」では、理学療法士で日本女子代表のトレーナを務める松田直樹氏が、ホッケー選手に必要とされる能力を鍛える陸上トレーニングの方法を詳しく紹介。さらなるレベルアップを図る選手や指導者には必見!

写真:AQUAPIAカップ2007 中学生の部 臨海(白) VS 京都


このページのTOPへ