トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 003号(2007年11月30日発売)

その他 ニュース

003号(2007年11月30日発売)

掲載内容

  • ■アジアリーグ・レギュラーリーグ
  • ■ドイツカップ
  • ■大学リーグ(関東・関西)

 

 

 

 

 

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

 

 

 

 

アジアリーグ序盤戦

2007~08シーズンも序盤の戦いが終了。SEIBUプリンスラビッツが頭一つリードする展開。日本製紙クレインズは外国人選手の不調が誤算で2位。 王子製紙は韓国遠征での負け越しが響き5位。日光アイスバックスは決定力不足とペナルティーキリングでの失点が気がかりだ。海外チームでは韓国の2 チーム、アニャンハルラ(3位)、ハイワン(4位)の健闘が目に付く。また、中国シャークス(6位)も昨年と比べ、格段の進歩を見せている。インターナ ショナルブレイク前の序盤戦を振り返る。

写真:クレインズ新外国人FWタイソン・ナッシュ(中央)

 

 

 

 

ドイツカップ2007

11月8日から11日まで、ドイツ・ハノーファーで、「ドイツカップ2007」が開催された。参加国は、スロバキア(世界ランキング6位)、アメリカ(7位)、スイス(8位)、ドイツ(11位)、デンマーク(12位)そして日本(22位)。 札幌での世界選手権に向け、マホン・ジャパンのチャレンジが始まった。

写真:日本VSデンマーク

 

 

 

 

 

 

大学リーグ混戦模様

関東大学リーグ戦は、1次リーグを終え、早稲田、明治、東洋、日本、法政、中央、専修、東海、大東文化、日本体育の順に。関西リーグは立命館、関西、同志社、京都産業がプレーオフ進出を決めた。 首位で1次リーグを通過した早稲田は、攻撃力No1。明治は安定した守りで、試合巧者ぶりを見せる。怪我人続出で波に乗りきれない東洋など1次リーグ注目のカードをまとめた。
三つ巴の関西リーグは、1次リーグ全勝の立命館が一歩リード、その後に関西と同志社が続く展開に。

写真:法政 VS 中央

 

 

 

 

2007オータム女子アイスホッケー大会

10月19日から21日までの3日間、北海道・清水町アイスアリーナで2007オータム女子アイスホッケー大会が開催された。Aグループ7チームに、地元・帯広のレッドトレジャーが加わり、8チームによるトーナメントで優勝を争った。 優勝 Daishin
準優勝 岩倉ペリグリン
3位 SEIBUプリンセスラビッツ
4位 加森観光ベアーズ
5位 札幌バッカーズ
6位 トヨタシグナス
7位 フルタイムシステム御影グレッズ
8位 レッドトレジャー
写真:決勝戦(Daishin VS 岩倉ペリグリン)

 

各種大会レポート

【社会人】苫小牧B級選手権/RAB杯
【高校】北北海道・南北海道大会/インターハイ北信越・東海・近畿予選/6地域対抗/伊香保カップ
【中学生】釧路市長杯/苫小牧NHK杯/八戸中学生大会/兵庫大会 【小学生】小瀬・富士山大会/兵庫大会/八食ちびっこ杯
【新連載】ECHL挑戦記/西脇雅仁
【短期集中連載】正しい用具選び/プロフェッサー金子

 

 

 


このページのTOPへ