トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 014号(2008年12月31日発売)

その他 ニュース

014号(2008年12月31日発売)

掲載内容

  • ■アジアリーグ・レギュラーリーグ
  • ■大学リーグ総括&インカレ展望
  • ■全道高校選抜
  • ■レディースカップ
  • ■大学女子全国大会
  • ■中学全道大会予選(釧路、苫小牧)
  • ■軽井沢少年大会(小・中)
  • ■全道選手権B級
  • ■その他、各種大会
  • ■好評連載など

 

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

中盤戦を迎えたアジアリーグは激しい首位争い

null

ア ジアリーグアイスホッケーはインターナショナルブレイクが明け、レギュラーリーグが再開。まずは新横浜に国内4チーム、SEIBUプリンスラビッツ、王子 イーグルス、日本製紙クレインズ、日光アイスバックスが集結し、五輪最終予選進出を決めた日本代表メンバーたちが元気な姿を見せた。
首位を走るSEIBUは新横浜でイーグルスとクレインズを下し連勝。この後、敵地でイーグルスに連敗し、クレインズに首位を明け渡すが、八戸での バックス戦に勝ち首位を奪い返すと、ホームでのクレインズ戦に連勝し、首位を保った。SEIBUに連敗したクレインズは3位に転落した。好調のアニャンハ ルラ(韓国)はチャイナシャークス(中国)に3連勝で2位に浮上、勢いに乗る。韓国チームを苦手とするイーグルスは、ホームでハルラ、High1(ハイワ ン・韓国)に敗れるなど勝点が伸びず4位。しかし、首位SEIBUから4位イーグルスまでの勝点差はわずかに7(12月10日現在)。混戦となった中盤戦 の攻防を振り返る。各チームの選手をピックアップする「Spotlight」では、終盤戦のキーマンとして、小川将史(イーグルス)、酒井隆行(クレイン ズ)、佐藤翔(SEIBU)、瀬高哲雄(バックス)、アレックス・キム(High1)、パク・ウサン(ハルラ)、佐藤画(シャークス)に注目する。

 

関東大学リーグは東洋が8年ぶり6度目のV

null

関東大学アイスホッケーリーグ戦は、最終戦で早稲田を下した東洋が8年ぶり6度目の優勝を果たし、幕を閉じた。開幕前、優勝候補筆頭に挙げられながら苦しい戦いが続いた東洋だったが、リーグ戦を通してチームが成長し、3次リーグは全勝。底力を見せつけた。
連覇を目指した早稲田は、東洋に3連敗で2位。明治は終盤に失速し、3位に甘んじた。 「改革元年」をうたい、リーグ再編や地方開催を実施したリー グ戦は、例年にない混戦となり、まずは成功を収めた。リーグ終盤の戦いを振り返る。さらに、優勝した東洋大学の小笠原慎吾監督と東京都アイスホッケー連盟 の奥住恒二会長にインタビュー。このほか、慶応が優勝したディビジョンⅠグループB、関西学生リーグ戦、北海道学生リーグの模様を掲載。また、大学日本一 を決するインカレの行方を占う。

 

第3回全日本女子中学・高校生大会

null

今年で3回目を迎え、すっかり恒例となった女子中高生による選抜大会。全国各地から選抜された12チームが参加し、3日間にわたり熱戦が繰り広げられた。決勝では苫小牧Aがゲームウイニングショットの末、釧路を下し、2年ぶり2回目の優勝を果たした。
参加は、釧路、帯広、苫小牧A、苫小牧B、青森県、宮城県、栃木県、東京都、関東選抜、北信越選抜、兵庫県、中四国・九州選抜の12チーム。3チー ムずつ4グループに分かれ予選リーグを戦い、各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出し、優勝を争った。このほか、帯広で行われたレディースカッ プの模様をお届けする。

 

 

 

  

各地で熱戦!頂点を目指し熾烈な争い!

null

北海道では全道大会出場を懸けた大会がスタート。小学生の地区予選となった「釧路市長杯」、「苫小牧日専連杯」、「帯広地区全道予選」の模様を、中学生は「釧路市中体連」と「苫小牧王子杯」をレポート。
このほか、関東・甲信越・中部地区から12チームが参加した「軽井沢少年大会(小学生の部)」、インターハイへとつながる北海道高校選手権の行方を 占う「北海道高校選抜大会」、社会人の大会からは「北海道選手権B級」、「国体九州ブロック大会」、「東奥日報杯(青森)」の模様をお届けする。

 

 

 

 

 

History of JAPAN 「未来への大金星」

null

日本アイスホッケー界の歴史的な出来事を振り返る不定期連載「History of JAPAN」。当時弱小チームだった十條製紙(現・日本製紙クレインズ)が日本リーグ加盟以来、初めて強豪・王子製紙(現・王子イーグルス)を破る大金星を挙げた試合に注目する。
このほか、「Nexts of JAPAN」では日本代表GMの坂井寿如氏が、日本が世界と戦うために必要な準備を説く。レフェリー川村一彦氏の「Justice on Ice」は2ページの拡大版で、上海遠征での苦労話や珍事を披露。北米のスポーツマネジメントを紹介する白井孝明氏の「From New York」では、収益アップを狙う競技施設(アリーナ)の戦略を紹介。さらに、トレーナー松田直樹氏の「フィジカルレーニング」、「韓国アイスホッケー事 情」、「NHLリポート」、「インラインホッケー情報」など話題満載。

 

 


このページのTOPへ