トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 021号(2009年9月18日発売)

その他 ニュース

021号(2009年9月18日発売)

掲載内容

  • ■アジアリーグ展望・選手名鑑
  • ■関東大学リーグ展望
  • ■全国高校選抜大会・全試合レポート
  • ■JTB杯争奪全国選抜小学生大会
  • ■久慈修平NHLキャンプ参加
  • ■女子U18キャンプ
  • ■NHL展望
  • ■苫小牧白鳥LC杯(中学)

 

 

 

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。    

 

※Breakaway021号は、好評により売り切れとなりました。ご了承ください。

雑誌のネット販売を行っている「富士山マガジンサービス」より、デジタル雑誌としてご購入いただけます。

 なお、確実に毎号購読をご希望される方は、こちら

  

 

アジアリーグ2009-10 展望・選手名鑑

アジアリーグアイスホッケー2009-10シーズンが9月19日、いよいよ開幕。各チームのシーズン展望を始め、全選手顔写真付きプロフィール、注目選手インタビューを掲載。

これまで果たし得なかった連覇を目指す日本製紙クレインズ。覇権奪回と昨シーズン無冠の雪辱に燃える王子イーグルス。最下位の屈辱から大型補強でプレーオ フ進出を狙う日光アイスバックス。東北初のチームとしてアイスホッケー界に新たな息吹を吹き込むべく新規参入する東北フリーブレイズ。これら国内4チーム に、アニャンハルラ、High1、チャイナドラゴンを加えた7チームの戦力を分析する。ほか、巻頭インタビューの「FACE Off」では、アジアリーグ新規参入を果たした東北フリーブレイズのオーナー、諸橋友良氏にインタビュー。また、昨シーズン、激闘を制したクレインズの相 沢浩二監督のインタビュー、リーグ全日程、レフェリー名鑑など、観戦には必携の一冊!

 

関東大学リーグ展望

9月21日、関東大学アイスホッケーリーグ戦が幕を開ける。ディビジョンⅠグループAは昨季と変わらず、東洋、早稲田、法政、明治、中央、日本の6校。夏合宿を通して、リーグ戦の行方を占う。
昨年、リーグは大幅な再編が行われ、新たな一歩を踏み出したが、今シーズンは2回戦総当りの後、チャンピオンシップ(プレーオフ)が導入されるな ど、更なる改革が進む。昨シーズンの盛況を今シーズンも受け継ぐことができるか、今年こそが大学リーグ「改革」の真価が問われる一年である。関東大学リー グ全カテゴリーの日程のほか、関西学生リーグAグループの全日程を掲載。

 

全国高校選抜大会・全試合レポート

今夏、北海道苫小牧市で開催された第4回全国高等学校選抜アイスホッケー大会。今大会の参加は25チームと昨年より減少したが、九州沖縄地区から初の出場があるなど、全国的な広がりを見せた。
シーズン最初の大会とあって、まだ完成度は高くないが、例年よりも接戦が増え、白熱した戦いが繰り広げられた。決勝は昨年と同じ対決となり、駒大苫 小牧が埼玉栄の奇襲に動じず、王者の貫録を見せ3対1と逆転勝ち。2年連続3度目の優勝を飾った。全試合レポートのほか、優勝した駒大苫小牧・鈴木司監督 のインタビュー、参加全チームの集合写真を掲載

 

JTB杯争奪全国選抜小学生大会

JTB杯争奪第12回全国選抜小学生アイスホッケーサマー大会が7月30日から8月2日までの4日間、氷都苫小牧で開催され、全国から集まった9チームが真夏のタイトルを競った。

大会3連覇を目指した地元の苫小牧が初戦で敗れる波乱含みの中、ここ数年、力をつけてきた東京都が苫小牧に続き青森を下し、決勝まで勝ち上がる大躍 進。決勝では、総合力で勝る釧路が東京都を5対1で退け、3年ぶりの栄冠をつかんだ。これで釧路は優勝回数を最多の7に伸ばした。準決勝、決勝の模様を中 心に大会を振り返る。


このページのTOPへ