トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 033号(2010年11月30日発売)

その他 ニュース

033号(2010年11月30日発売)

掲載内容

  • ■アジアリーグ・レギュラーリーグ
  • ■関東大学リーグ
  • ■関西学生リーグ、北海道学生リーグ
  • ■北北海道・南北海道高校大会
  • ■日本代表ハンガリー遠征
  • ■チャレンジカップ・オブ・アジア女子
  • ■その他、各種大会
  • ■好評連載など

 

 

 

  

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

アジアリーグ序盤戦、激戦必至!

アジアリーグアイスホッケー2010-11は序盤戦を終了し、インターナショナルブレイクのために一旦中断。日本は代表チームを結成してハンガリー 遠征に、韓国は国内の覇権を争う韓国総合選手権にこの期間を充てるが、これらの戦いを経て中盤戦で成長する選手の出現も楽しみだ。

日韓の6チームがほぼ一団となってプレーオフ争いを繰り広げる今季のレギュラーリーグは史上稀に見る大混戦。韓国2チームの北海道遠征、国内4チー ムが集結した「ヨコハマゲームス」を中心に、インターナショナルブレイク前の各チームの戦いぶりを振り返る。巻頭の「FACE Off」では、今季からHigh1でプレーするGK井上光明を特集。東京出身ながらトップリーガーへの夢を持ち続け、SEIBUの廃部、チャイナドラゴン への電撃入団、そしてHigh1への移籍など、激動を乗り越え正GKの座をつかんだ井上選手に迫る。

 

関東大学リーグ戦、舞台は最終決戦へ!

平成22年度関東大学アイスホッケーリーグ戦は、ディビジョンⅠグループAのレギュラーリーグの全日程を終了した。攻守にバランスの取れた東洋が最終戦を待たずに1位を確保。

前半戦の貯金を生かした早稲田が2位、後半追い上げた中央が3位、波に乗り切れなかった明治は4位でプレーオフに進む。また初のグループA参戦なが ら健闘を見せた慶應義塾は5位、1勝に終わった日大は6位となり、グループA残留を懸けて入替戦を戦う。一方、グループBでは法政が圧倒的な強さで優勝。 グループA復帰を虎視眈々と狙っている。グループAのレギュラーリーグ後半戦を振り返る。

 


このページのTOPへ