トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 056号(2013年2月1日発売)

その他 ニュース

056号(2013年2月1日発売)

掲載内容

  • ■第85回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)特集
  • ■ソチ五輪女子最終予選プレビュー
  • ■アジアリーグ/試合レポート・チーム情報
  • ■U20世界選手権Div.2-A/大会レポート(マーク・マホン監督)
  • ■U18女子世界選手権Div.1/藤澤監督インタビュー
  • ■第7回日光杯全日本女子中学・高校生大会
  • ■【大学】早慶戦レポート
  • ■【高校】北海道大会/関東大会
  • ■【中学】北海道大会/関東少年大会
  • ■【小学】全道大会/関東少年大会/SK釧路杯/東京秋季大会
  • ■【社会人】J-Ice WEST
  • ■NHLレポート「ようやく開幕へ!」
  • ■各種連載/「ルールの疑問」、「From NY」、「氷都より」

 

目次056

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

※Breakaway056号は、好評により売り切れとなりました。ご了承ください。

雑誌のネット販売を行っている「富士山マガジンサービス」より、デジタル雑誌としてご購入いただけます。

 なお、確実に毎号購読をご希望される方は、こちら

 

 

第85回日本学生氷上競技選手権(インカレ)

中央大学がインカレ2連覇

第85回日本学生氷上競技選手権(インカレ)アイスホッケー競技は、30校が日光に集結して学生日本一を争った。
1回戦からゲームウイニングショット戦にもつれる試合もあったが、ベスト8には関東6校に割って入る形で関大と関西学院が進出。関西学生リーグのレベルアップが伺える結果となった。その中で関大の躍進は、記憶に残るものとなった。準々決勝で東洋を撃破すると、準決勝での関東・関西のリーグ覇者同士の対戦でも早稲田を圧倒。初の決勝進出を果たした。
決勝はその関大と、昨年初優勝を遂げ、2連覇を狙う中央の対戦となったが、両校とも組織的なプレーで我慢強いホッケーを展開し、現代アイスホッケーを象徴する好ゲームとなった。
中央大学2連覇までの全試合をレポートするとともに、大会屈指のGKの中央の小野田拓人、関大の人見峻のインタビューやアジアリーグ首脳のからの今大会の総評もお届けする。
また、巻頭特集「FACE Off」では中央大学の連覇を記念して、江守秀次監督や鈴木博敦キャプテンらのインタビューを掲載。

 

 

 

 

 

ソチ五輪女子最終予選プレビュー

悲願の五輪出場へ、最終予選に挑む

日本女子、悲願の五輪出場なるか。
2月7日からスロバキア・ポプラトで開催されるソチ冬季五輪最終予選グループC。日本は大型選手を揃えたノルウェー、GKの良さには定評のある地元スロバキア、そして1次予選を最低ランキングながら勝ち上がる勝負強さを見せたデンマークを相手に、総当たりのリーグ戦で1位になれば来年のソチ冬季五輪最終予選の出場権をつかむことができる。開催国として参加した1998年の長野以来、初の自力での予選突破での五輪出場なるか。最終メンバー20選手が発表された日本代表チームを占うとともに、対戦国の顔ぶれを紹介。日本アイスホッケー界の未来を懸けた戦いをプレビューする。

 

 

 

 

U20男子、U18女子ともに昇格

トップディビジョン復帰を果たしたU18女子日本代表

U20男子日本代表は世界U20選手権ディビジョンⅡグループAで、U18女子日本代表は世界U18選手権ディビジョンⅠでそれぞれ優勝。U18女子は来季、トップディビジョンに復帰するなど、日本アイスホッケー界に久々に明るいニュースを続けてもたらしてくれたジュニア世代。今後の選手たちの成長が楽しみになるような戦いぶりだった。
それぞれのカテゴリーでの成果と課題はどこにあるのか。男子U20マーク・マホン監督、女子U18藤澤悌史監督の両指揮官がレポートする。

 

 

 

 

 

アジアリーグアイスホッケー

プレーオフ進出へ猛追を見せるアイスバックス

アジアリーグアイスホッケー2012−13はレギュラーリーグも後半戦に突入。
開幕から圧倒的な強さで首位を独走する王子イーグルスは、年末年始も連勝を重ねたが、1月中旬の日光での3連戦で栃木日光アイスバックスにまさかの3連敗を喫し、勝点では2位のアニャンハルラが迫る形となった。
バックスが地元で見せた意地はすばらしく、プレーオフ進出に一縷の望みをつなぐとともに、リーグ戦を面白くする原動力ともなった。
東北フリーブレイズが韓国遠征で勝ち越してプレーオフに近づく一方で、日本製紙クレインズは不安定な戦いが続き、思うように勝点が伸びない状況だ。
年末に行われたクリスマスゲームズ in SAPPOROから年始のシリーズまで、各地で行われた熱戦をレポートする。
また、各チームに加入した新登録の選手の名鑑も掲載。

 

 

 

 

 

 

 

各種大会と連載

北海道高校選手権/決勝・駒大苫小牧vs白樺学園

シーズン本格化の季節に全国で行われた各種大会をまとめて紹介。小学校から社会人まで、北から西まで幅広くお届けする。
海外ではなんといってもNHLのロックアウト終了が大きな話題。どのような交渉が行われ、どのような課題が残っているのか。NHL延期中に世界から大きな注目を集めたKHLのオールスターの話題を含めて、世界最高峰のプロリーグのいまに迫る。
「氷都より」「From New York」「中国冰球日記」などのエッセーも充実。

 

 

 

 

 

 

 

 


このページのTOPへ