トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 079号(2015年6月1日発売)

その他 ニュース

079号(2015年6月1日発売)

掲載内容

    • ■世界選手権ディビジョンⅠグループA
    • ■巻頭特集FACE Off「平野裕志朗&蓑島圭悟」
    • ■Interview 日本代表GK福藤豊/DF梁取慎也
    • ■女子世界選手権トップディビジョン
    • ■Player’s Story 女子日本代表GK藤本那菜
    • ■関東大学選手権Aグループ
    • ■U18世界選手権結果
    • ■NHLレポート
    • ■連載「From New York」
    • ■連載「Breakaway文化部」

 

 

※定価1,450円(送料・手数料含む)

目次079

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

世界選手権ディビジョンⅠグループA

世界選手権ディジョンIグループAは、4月19日から27日までポーランド・クラフクで行われ、トップディジョン昇格を目指した日本は4位に終わり、マーク・マホン監督の総決算を有終の美で飾ることはできなかったが、後半の2連勝で降格は免れた。
優勝したカザフスタンと2位のハンガリーは来季、トップディビジョンに昇格し、最下位に終わったウクライナはグループBに降格する。
日本の全5試合を中心に大会を振り返る。
また、巻頭特集「FACE Off」では10代コンビ、FW平野裕志朗、DF蓑島圭悟の2人のホッケーに懸ける真摯な思いを聞いた。
さらに今季はデンマークでプレーしていたGK福藤豊、DF梁取慎也の2人に、今季を振り返り、来季の去就について語ってもらった。

 

 

女子世界選手権トップディビジョン

女子世界選手権トップディビジョンは、3月28日から4月4日までスウェーデン・マルメに世界のトップ8カ国を集めて行われた。
日本はスウェーデン、ドイツから史上初勝利を挙げるなどの成果を挙げて、目標の決勝トーナメント進出こそならなかったが、7位に入り、来季のトップディビジョン残留を決めた。
金メダルは2大会連続でアメリカ。ソチ五輪金メダルのカナダは2位に終わった。
スマイルジャパンの予選・残留決定ラウンドの全5試合を中心に大会を振り返る。
また、「Smile JAPAN player’s story」では、ベストGKに選出される快挙を成し遂げたGK藤本那菜の素顔に迫る。

 

 

関東大学選手権Aグループ

秩父宮杯第63回関東大学アイスホッケー選手権Aグループは4月11日から29日まで、東京・ダイドードリンコアイスアリーナで行われ、大学アイスホッケーの新たなシーズンが幕を開けた。
優勝したのは勝負どころで接戦を制した中央。
昨季3冠の明治は準優勝、3位は東洋だった。
16校によって戦われたトーナメントを、1回戦からの勝ち上がりを中心にレポートするとともに、優勝監督、表彰選手の声をお届けする。

 

 

 

 

その他の大会

U18世界選手権ディビジョンⅠグループAをはじめ、早慶アイスホッケー定期戦、高校、中学、小学の各種大会の結果を掲載。また、プレーオフに突入したNHLについては、ファーストラウンドとカンファレンス・セミファイナルの各カードをレポートする。

 

 

 

 

 

 

 

 

連載

「From New York」では、北米で発足する女子のプロリーグNWHLを紹介。女子アイスホッケーの発展の契機になるか、またスマイルジャパンの選手たちが世界最高峰となることが期待されるNWHLに挑戦するのか。現地からのレポートで深く掘り下げる。
「Breakaway文化部」は、赤瀬川原平による1998年のベストセラーエッセイ「老人力」とアイスホッケーとの関係について。


 

 

 

 

 

 

 


このページのTOPへ