トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 080号(2015年7月10日発売)

その他 ニュース

080号(2015年7月10日発売)

掲載内容

    • ■NHLスタンレーカップ・ファイナル
    • ■NHL特集①プレーオフMVPダンカン・キース(ブラックホークスDF)
    • ■NHL特集②明暗を分けた両キャプテン
    • ■世界選手権トップディビジョン
    • ■関西学生選手権
    • ■U18世界選手権ディビジョンⅠグループB
    • ■アジアリーグ選手情報
    • ■アジアリーグ引退・移籍選手インタビュー
    • ■追悼・若林修さん
    • ■各種連載

 

 

 

 

※定価1,450円(送料・手数料を含む)

目次080

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

 

NHLスタンレーカップ・ファイナル特集

NHLのチャンピオンを決めるスタンレーカップ・ファイナルはシカゴ・ブラックホークスが4勝2敗でタンパベイ・ライトニングを下して2年ぶり6回目の王座に就いた。ブラックホークスはここ6年で3回目のスタンレーカップ獲得で、黄金時代到来を予感される戦いだった。
スタンレーカップ・ファイナルを現地で試合観戦もした東北フリーブレイズの若林クリス監督の解説付きで振り返り、東西両カンファレンス・ファイナルとともにレポートする。


 

 

 

 

世界選手権トップディビジョン特集

2015 IIHF世界選手権トップディビジョンは5月1日から17日までチェコのプラハとオストラバで開催され、カナダが予選から決勝までの10試合をすべて60分勝ちする圧倒的な強さで8年ぶり25回目の世界一に輝いた。
連覇を狙ったロシアは銀メダル、銅メダルはアメリカだった。
MVPは地元で代表最後のプレーを見せたチェコの英雄ヤロミール・ヤーガーが選出された。
来季、日本の所属するディビジョンIグループAに降格するのはオーストリアとスロベニアとなった。
予選ラウンドから決勝トーナメントまでを詳しくレポートするとともに、現地で大会を視察した山中武司氏の解説と観戦記も掲載する。

 

 

 

アジアリーグ引退・移籍選手インタビュー

オフを迎えたアジアリーグ。新シーズンを前に選手の引退や移籍が発表された。その中から、長年第一線で活躍し、昨季をもって引退した日本製紙クレインズのDF外崎潤、王子イーグルスのFW小川将史の2人の現役生活を振り返り、今後の目標を聞いた。また、大型移籍となった栃木日光アイスバックスのGK春名真仁、日本製紙クレインズのFW上野拓紀にも新天地での抱負を語ってもらった。

 

 

 

 

 

 

 

各種大会レポート

U18世界選手権ディビジョンIブループBの戦いについて、大北照彦監督が報告する。また、関西大学が7連覇を達成した関西インカレのレポートや、その他大学、高校、中学、インラインの試合結果を掲載。

 

 

 

 

 

 

 

 

好評連載など

川村一彦「Justice on Ice」は新しいシーズンに向けてのレフェリーの準備について、三原卓也「From New York」は競争社会の北米ジュニアリーグの事情について、小野田光「もので振り返る氷球歴史館」はソ連代表チーム最後のユニフォームについて。その他に、ハービーの愛称で親しまれた名選手・若林修さんを追悼し、選手・監督としてのアイスホッケー人生を振り返る。

 

 

 

 

 

 


このページのTOPへ