トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 083号(2015年10月12日発売)

その他 ニュース

083号(2015年10月12日発売)

掲載内容

    • ■巻頭特集「FACE Off」ホッケー先進国に学べ
    • ■特集・海外挑戦
    • ■アジアリーグ開幕
    • ■AL選手インタビュー西脇雅仁(日本製紙クレインズ)
    • ■アジアリーグ国内4チーム情報
    • ■関東大学アイスホッケーリーグ戦
    • ■関西学生アイスホッケーリーグ
    • ■スマイルジャパン・モスクワ遠征レポート
    • ■全国私立高等学校選抜大会
    • ■NHL全30チーム情報
    • ■連載「Justice on Ice」川村一彦
    • ■連載「From New York」白井孝明
    • ■連載「Breakaway文化部」小野田光

     

    ※定価1,450円(送料・手数料含む)

    目次083

     

    『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

     

    特集「海外挑戦」

    今季、男女の日本代表クラスの選手たちが、自分の実力をさらに磨くために北米や欧州に渡った。その他にも世界各地でアイスホッケーに打ち込む若者がいる。彼らはそれぞれの目的を持って、異国の地でプレーすることを選んだ。ホッケー後進国に生まれた者が、先進国から学ぶこととは何なのか。海外挑戦についての本誌の見解をまとめた。

    また、あらゆる角度から海外でのプレーに取り組む関係者を取材。 まずは今季の海外挑戦の目玉である日本代表級の4選手に話を聞いた。 念願叶って欧州の一流クラブでのプレーを実現させた久慈修平、アメリカで大きな夢への切符を手に入れた寺尾勇利と平野裕志朗、そして、女子アイスホッケー界の世界的発展のための船出の一端を担う藤本那菜。

    さらに、チェコの名門チームの傘下で奮闘する三浦優希の報告や、海外留学の実情についてのレポートなど、海外でプレーする意義について、当事者たちの多角的な意見をお届けする。


     

     

     

    アジアリーグアイスホッケー開幕

    アジアリーグ2015−16は8月29日に開幕。初の8月開幕となったが、コンディションを合わせてきた各チームによる熾烈な戦いが早くもアジア各地で展開された。

    日本製紙クレインズと栃木日光アイスバックスが開幕から好調さを維持する一方で、東北フリーブレイズと王子イーグルスは厳しい戦いが強いられた。 海外チームではアニャンハルラとサハリンが強さを発揮している。 序盤戦の戦いを開幕シリーズを中心にレポートし、各チームの戦いぶりを総括。また、クレインズの点取り屋・西脇雅仁の好調さに迫る独占インタビューも敢行した。

     

     

     

     

    関東大学リーグ開幕

    平成27年度関東大学アイスホッケーリーグ戦がスタート。ディビジョンⅠグループAは9月19日に幕を開け、ランキングトップ8校による2回戦総当たりの戦いの火ぶたが切って落とされた。

    ランキング上位校と下位校との対戦が組まれた1次リーグ序盤戦は、優勝候補の明治と中央、そしてダークホース早稲田が3連勝スタート。対抗と目されていた東洋は法政に敗れて1敗を喫した。

    開幕からの3節をレポートするとともに、リーグ戦デビューを果たした注目の1年生選手、中央の蓑島圭悟、慶應義塾のリック・スーの2人に話を聞いた。

     

     

     

     

     

    その他の各地大会、各種連載

    今季も関大を中心に展開される関西学生リーグ、八戸で行われた全国私立高校選抜大会など各地の大会や、スマイルジャパンのモスクワ遠征もレポート。 また、NHLリポートでは開幕に合わせて今季の見どころやオフの話題、全チームの分析を一挙掲載。「Justice on Ice」「From New York」「もので振り返る氷球歴史館」も好評連載中。

     

     

     

     

     

     

     


このページのTOPへ