トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 105号(2017年12月25日発売)

その他 ニュース

105号(2017年12月25日発売)

おもな掲載内容

          • ■アジアリーグアイスホッケー2017-18終盤戦
          • ■FACE Off/古橋真来(バックスFW)
          • ■Pick up Player/今季成長した注目選手インタビュー
          • ■アジアリーグ・チーム情報
          • ■アジアリーグ・ジャパンカップ2018日程
          • ■ユーロチャレンジ/岩本裕司日本代表監督インタビュー
          • ■スマイルジャパン/平昌五輪最終メンバー発表
          • ■関東大学リーグ・ディビジョンⅠグループA
          • ■大学リーグ・表彰選手インタビュー&大会総括
          • ■NHLレポート
          • ■海外挑戦NCAA三浦優希・近況報告
          • ■全国各地の大会結果
          • ■連載「From USA」「Justice on Ice」/トピックス

 

※定価1,500円(送料・手数料含む)

目次105

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

 

アジアリーグ2017-18終盤戦/残り「1枠」を争う最終盤の戦い

アジアリーグアイスホッケー2017-18のレギュラーリーグは最終盤を迎え、サハリンとデミョンキラーホエールズが全28試合を終了。リーグ加盟4季目にして初のレギュラーリーグ1位を決めたサハリン、2位の座を確保したアニャンハルラ、そして、東北フリーブレイズ、王子イーグルスの4チームがプレーオフ進出を決めた。 プレーオフスポット残り1つを、デミョンと2試合を残している栃木日光アイスバックス、日本製紙クレインズが争う形となった。 プレーオフを懸けた最終盤の日本チームの戦いを中心にレポートし、日本代表などで成長を続けている選手たちのインタビューをお届けする。

 

 

関東大学アイスホッケーリーグ戦/明治 3年ぶりの優勝!

平成29年度関東大学アイスホッケーリーグ戦ディビジョンⅠグループAは11月26日に全日程を終了。明治が3年ぶり35回目の優勝を遂げた。 優勝争いは首位・明治と2位・中央との最終戦にもつれ込んだが、「①勝点」「②当該同士の対戦成績」「③当該同士の対戦の得失点差」「④当該同士の得失点の商」でも並び、「⑤全試合の得失点差」で2点上回った明治に軍配が上がった。 順位争いがかかった終盤3節の戦いぶりをレポートし、個人タイトル受賞選手らのインタビューをお届けする。

 

 

 

日本代表:男子・ユーロチャレンジ/女子・平昌五輪メンバー発表

今季、ユーロチャレンジが11月上旬にハンガリーで行われ、日本はイタリア、ポーランド、ハンガリーと対戦。男子日本代表監督に就任した岩本裕司氏が、これまでの日本代表チームとは違った考え方やシステムで欧州各国と戦った。成果を挙げた3試合を振り返るとともに、監督としてのビジョンを語ってもらった。また、ユーロチャレンジにレフェリーとして派遣された向坂健司レフェリーが世界と日本の違いをレフェリー目線からレポート。 来年2月の平昌五輪に出場するスマイルジャパン女子日本代表の最終メンバーが確定。発表記者会での山中武司監督のコメントとあわせて紹介する。

 

 

 

巻頭特集FACE Off/古橋真来(栃木日光アイスバックスFW)

2年目の今季、アイスバックスのスコアリングリーダーとしてチームを引っ張る古橋真来。日本代表でも欠かせないプレーヤーになろうとしている。生まれ故郷の日光に戻った今、何を考え何を目指しているのか。2017年、最も旬な選手の素顔に迫った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好評連載・各地での大会・トピックス・ほか

恒例の連載「From USA」では北米リーグに挑戦する日本人選手を紹介、「Justice on Ice」では川村一彦レフェリーが年末年始に続くビッグゲームについて一言、ほかにも全国各地の大会結果や関東高校選手権の様子、世界最高峰のアイスホッケーリーグNHLの最新情報、今季からNCAAでプレーする三浦優希選手の手記など、情報満載!

 

 

 

 

 

 

 


このページのTOPへ