その他 ニュース

123号(2019年11月11日発売)

おもな掲載内容

          • ■アジアリーグアイスホッケー2019-20序盤戦
          • ■アジアリーグ・Pick up Player/注目選手インタビュー
          • ■FACE Off/福藤豊(栃木日光アイスバックスGK)
          • ■2019年関東大学リーグ戦ディビジョン1グループA
          • ■関東大学リーグ・注目選手インタビュー
          • ■第66回関西学生リーグ戦
          • ■第19回全国私立高等学校選抜大会
          • ■第34回NHK杯争奪高校大会(道南)
          • ■第33回NHK杯争奪中学校大会兼第60回日胆中学校大会
          • ■NHL開幕&全31チーム情報
          • ■連載「Justice on Ice ― 川村一彦」
          • ■連載「ブリングアップ! ― 鈴木貴人」
          • ■連載「From USA」
          • ■各地のニュース&トピックス

 
目次123
 
定価:1,500円(税込/送料・手数料含む)
 
『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。
 
 

2019-20 アジアリーグアイスホッケー序盤戦

アジアリーグアイスホッケー2019-20は、序盤戦を終えてアウェイでの連戦が続くサハリンが頭一つリード。アニャンハルラが追う展開で、日本4チームはなかなか星が上がらない。3位から6位までは混戦状態となっているが、日本勢は上位争い、プレーオフ争いに食いついていけるのか。今季を占う序盤戦の戦いをレポートする。注目選手インタビューでは、FW入倉大雅(ひがし北海道クレインズ)、FW中屋敷侑史(王子イーグルス)、DF田中健太郎(東北フリーブレイズ)、FW鈴木健斗(栃木日光アイスバックス)の4人をピックアップ。また、巻頭特集のFACE Offでは、唯一のNHL経験プレーヤーであり、いまだ進化を続けるベテランGK福藤豊にアイスホッケーに対する姿勢や日本代表への思いなどを聞いた。

 
 

2019年度関東大学アイスホッケーリーグ戦ディビジョン1グループA

2019年度関東大学アイスホッケーリーグ戦ディビジョン1グループAが9月7日に東京・ダイドードリンコアイスアリーナで開幕。昨季同様、8チームによる2回戦総当たりの予選リーグの後、上位4チームが決勝リーグに進み優勝を争う。2次リーグ序盤の第9節を終えて全勝チームがいない混戦模様。明治が1敗で首位を走り、早稲田と中央が2敗、東洋が3敗で続く。1次リーグの前半戦は台風の目と見られている法政と上位勢の戦いに注目し、後半戦からは上位勢の戦いを中心にレポートする。また、今リーグでチームに貢献する4選手にインタビューを行った。
 
 
 
 

NHL開幕&全31チーム情報

NHLは3ヶ月余りのオフを経て新たなシーズンを迎えた。2019-20シーズンを展望するとともに、昨季のチャンピオン、セントルイス・ブルースのシーズン開幕戦やドラフトで上位指名され鳴り物入りでNHLのキャリアをスタートしたルーキーらの初ゴールの話題などをお届けする。また、全31チームの基本情報、注目選手、チーム概況を掲載。
 
 
 
 
 
 

第19回全国私立高等学校選抜アイスホッケー大会

第19回全国私立高等学校選抜アイスホッケー大会が9月14日から16日まで青森県八戸市にて開催された。夏の全国高校選抜大会から1か月が経ち、選手たちは更に成長した姿を見せてくれた。また、今大会も大昭物産、ネクストワンスポーツプロダクト、MAX、NEEDAの協力でゲームベストプレーヤーに記念品を授与。選手のモチベーションも高い大会となった。決勝を戦った駒大苫小牧と八戸工大一の両監督と優勝した駒大苫小牧の三浦主将のインタビューを中心に大会を振り返る。
 
 
 
 

各地の大会・連載・ニュース&トピックス・ほか

道南地区の高校と中学の大会レポートをはじめ、レフェリー生活のエピソードを伝える川村一彦氏の「Justice on Ice」は遂に最終回。「ブリングアップ!」では元日本代表主将の鈴木貴人氏が子供たちへのメッセージを送る。北米ホッケー事情を綴った「From USA」など連載にも注目。各地の話題を集めた「ニュース&トピックス」など情報満載!
 
 
 
 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

このページのTOPへ