トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 010号(2008年7月15日発売)

その他 ニュース

010号(2008年7月15日発売)

掲載内容

  • ■大学・高校選手名鑑
  • ■NHLスタンレーカップ
  • ■世界選手権トップディビジョン
  • ■好評連載など

 

 

 

 

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

※Breakaway010号は、好評により売り切れとなりました。ご了承ください。

雑誌のネット販売を行っている「富士山マガジンサービス」より、デジタル雑誌としてご購入いただけます。

 なお、確実に毎号購読をご希望される方は、こちら

   

大学・高校選手名鑑

null

試合観戦に役立つ保存版。大学チームと高校チームの選手一覧を一挙掲載。さらに、関東大学リーグ上位校とインターハイ・全国選抜大会の出場常連校は学校情報、チーム情報をはじめ、顔写真付きで紹介。
選手名鑑のほかにも、インカレ王者の東洋大学・小笠原慎悟監督、インターハイ王者の駒大苫小牧高校・鈴木司監督、そして、7月から新たに早稲田大学の監督に就任した松原達哉氏のインタビューなど、大学・高校の情報を満載。

 

 

 

 

 

 

クレインズ・竹内元章引退

null

十條製紙~日本製紙クレインズと長年にわたりチームを引っ張ったFW竹内元章。2007-08シーズンを最後に、ユニフォームを脱いだ。弱小チームから強豪チームへの過渡期を戦い抜いた男のプレーヤーとしての歩みを振り返る。
また、日本製紙クレインズのDF小林弘明も現役引退。日本リーグ・アジアリーグ通算600試合出場の「氷上の鉄人」がいまの心境を語る。

 

 

 

 

 

 

 

NHLスタンレーカップ

null

アイスホッケーの最高峰、北米プロアイスホッケーリーグ、NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)。そのチャンピオンに与えられるのが、100年以上の歴史を持つ伝統の「スタンレーカップ」である。
今シーズンは、イースタン・カンファレンスを勝ち上がったピッツバーグ・ペンギンズとウエスタン・カンファレンスを制したデトロイト・レッドウイングスによって、カップが争われた。ファイナル全戦の模様と、カンファレンス決勝をレポート。

 

 

 

 

 

世界選手権トップディビジョン

null

世界一の国を決する世界選手権トップディビジョンが、アイスホッケーの本場、カナダで開催され、16か国の代表が国の名誉と威信を懸けて戦いを繰り広げた。
そして、決勝の顔合わせは、永遠のライバル、カナダ対ロシア。地元の声援を受け勢いに乗るカナダだったが、ロシアが底力を発揮し大逆転。旧ソビエト連邦時代から数えて、24回目の優勝を飾った。

 

 

 

 

 

 

「北米便り from Vancouver」最終回

null

創刊号から本場カナダの風を届けてくれた「北米便り from Vancouver」。執筆者・中島仁実氏の日本帰国にともない、今回が最終回。7年間に及ぶカナダでの生活、経験から中島氏が得たものとは。
また、「プレーヤーのためのフィジカルトレーニング」(松田直樹氏)では、下肢強化に必要なスクワットトレーニングを特集。大会レポートでは、夏の 全国高校選抜大会の東京予選、「東京都高校新人戦」の模様をお届け。このほか、インラインホッケー情報やトピックス、各種大会の試合結果など、情報満載。

 

 

 


このページのTOPへ