トップページ > その他 ニュース > バックナンバー > 045号(2012年2月3日発売)

その他 ニュース

045号(2012年2月3日発売)

Breakaway045

インカレ初優勝・中央大学

おもな掲載内容

■第84回インカレ特集
■アジアリーグ

■U20世界選手権ディビジョンⅠ

■U18世界女子選手権ディビジョンⅠ

■U16ヤングリーグレポート
■高校:全道大会

■中学:全道大会/関東大会
■小学:全道大会/関東大会

■女子:日光杯中高女子大会
■U18日本女子代表・尾野聡美コーチインタビュー
■NHLリポート/ウィンタークラシック

■民主党アイスホッケー議連・田名部匡代インタビュー
■連載コラム:中国冰球日記/From New York/氷都より

 

 目次045

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

※Breakaway045号は、好評により売り切れとなりました。ご了承ください。

雑誌のネット販売を行っている「富士山マガジンサービス」より、デジタル雑誌としてご購入いただけます。

 なお、確実に毎号購読をご希望される方は、こちら

 

 

インカレを21ページ総力特集!

第84回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)は、1月6日から9日まで、北海道苫小牧市で開催された。

北陸の1回戦での大健闘、慶應義塾の17年ぶりベスト8などが話題になる中、初のベスト4を目指した関大はあと一歩のところで今年も壁を越えることができなかった。

準々決勝以降の8試合のうち、6試合は終盤まで1点を争う試合となり、例年にも増して熱戦が繰り広げられた今大会。特に土壇場での執念が試合を変えるドラマが多く見られ、観衆を大いに沸かせた。まさに学生アイスホッケーの醍醐味を見ることができた大会と言えるだろう。

そんな中、大逆転勝ちで準決勝を突破した早稲田と、ここ4年で3回目のファイナリストとなった中央が決勝で激突。今大会を象徴するような名勝負を演じた。

今年も1回戦から決勝までの全30試合をレポートする。

また、創部29年で初のメジャータイトルを獲得した中央大学を代表して、巻頭特集「FACE Off」では江守秀次監督、水内直人主将のインタビューを一挙掲載。

 

アジアリーグは終盤戦へ

アジアリーグは終盤戦を迎え、いよいよリーダーズフラッグとプレーオフスポトを巡る争いが熾烈になってきた。

王子イーグルスは年明けから怪我人も復帰して全開モード。韓国遠征も粘り強く勝ち越して、遂に首位に立った。アニャンハルラは東京で連勝した後、地元でイーグルスに負け越したものの、首位に並走。栃木日光アイスバックスは札幌で貴重な連勝を挙げてプレーオフ進出に近づいたものの、その後連敗し、首位争いからは一歩後退した。

プレーオフ当確ラインを争うのは、ハイワン、日本製紙クレインズ、東北フリーブレイズの3チーム。そんな中、日本の2チームは極めて厳しい状況に立たされているが、残り試合に最後の望みを懸ける。

チャイナドラゴンは今季初の勝点を挙げたものの、白星からは依然として遠い状態だ。

年末のクリスマスゲームズ in SAPPOROを中心に熱戦の数々を振り返る。

 

「氷上の匠」はクレインズ梁取慎也のスラップショット

トップリーガーの技術を解剖する人気特集の「氷上の匠」。今回は日本製紙クレインズのDF梁取慎也選手の「スラップショット」の技術に迫る。トップリーグの選手として生き残るために自己研鑽を重ねて会得した梁取選手のスラップショット。門外不出のシュート技術をお届けする。

スラップショットを放つのに必要な7つのポイントを、梁取選手自らの解説と連続写真でチェックする。

 

 

 

東京ヴェルディ巻誠一郎選手から見たアイスホッケー

東北フリーブレイズのメンタルアドバイザーに就任したプロサッカー選手の巻誠一郎氏。サッカー日本代表としてワールドカップにも出場したトップアスリートが、自らも高校時代までプレーしたアイスホッケーの現状について語った。

 

その他、U18世界女子選手権トップディビジョン決勝の主審を務めた宇賀神恭子レフェリー、民主党アイスホッケー議員連盟・事務局長の田名部匡代衆議院議員など充実のインタビューが満載。

 

 

次世代を担う日本代表の戦い

写真協力:日本アイスホッケー連盟

U20世界選手権ディビジョンI、U18世界女子選手権ディビジョンIに参加した日本代表の戦いをレポート。U20代表のマーク・マホンGM、U18代表の藤澤悌史監督、尾野聡美コーチの手記、インタビューを掲載する。

 

また、日本アイスホッケー連盟の矢島敏幸コーチによるレポートでヤングリーグの苫小牧・釧路シリーズを振り返る。

 

 

 

その他各種大会、好評連載も充実

写真協力:帯広アイスホッケー連盟

小学生、中学生、高校、女子、社会人の各種大会も全国からレポート。また、全国から9つの話題をお届けする「News & Topics」、ウインタークラシックを中心に紹介する「NHLリポート」、その他「From New York」「中国冰球日記」「氷都より」など好評連載も充実のラインナップ。

 

 

 

 

 


このページのTOPへ