トップページ > その他 ニュース > 今月号のご紹介 > 096号(2017年2月5日発売)

その他 ニュース

096号(2017年2月5日発売)

 掲載内容

          • ■第89回インカレ
          • ■巻頭FACE Off/インカレ優勝・明治4年生コメント
          • ■インカレ・8強チーム総括/出場チーム名簿 ほか
          • ■アジアリーグアイスホッケー2016-17後半戦
          • ■アジアリーグ国内4チーム最新情報・後半戦総括 ほか
          • ■U20世界選手権 ディビジョンⅡグループA
          • ■U18女子世界選手権トップディビジョン
          • ■平昌五輪女子最終予選展望
          • ■第11回全日本女子中学・高校生大会
          • ■東京都社会人Sリーグ・オールスターゲーム
          • ■海外挑戦USHL三浦優希&FHL大澤勇斗・近況報告
          • ■NHLリポート/ヤロミール・ヤーガー通算記録
          • ■全国各地の大会結果
          • ■連載「Justice on Ice」/「From USA」

 

※定価1,300円

目次096

 

『Breakaway』は年間定期購読、または、一部のアイスホッケーショップ等で購入いただけます。毎号欠かさずに購読をご希望の方は、ぜひ年間定期購読をお申し込みください。

 

 

第89回インカレ・明治2年ぶり日本一奪還

第89回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)アイスホッケー競技は、1月5日から9日の5日間、北海道苫小牧市を中心に開催され、明治大学が2年ぶり30回目の学生日本一に輝いた。全国30校による熱い戦いを1回戦から決勝まで全試合レポートする。 また、巻頭特集「FACE Off」では、明治の中心にあってチームを牽引した4年生の選手たちをピックアップ。一昨季の2年生の時に3冠を達成した4年生の面々だが、ここ2季はライバルの後塵を拝し続けた。その苦渋に耐えたメンバーたちに喜びの声を聞いた。

 

 

 

 

アジアリーグ アイスホッケー

アジアリーグ2016-17は後半戦に突入。ここに来て、首位のアニャンハルラと2位のサハリンが白星街道を突き進み、他チームを圧倒し始めた。その「2強」を追うのが王子イーグルス。全日本選手権の優勝をはずみにハルラ、サハリンに続いて早くもプレーオフ進出を決めた。日本4チームが集結したヨコハマクリスマスゲームズを中心に、12月中旬から1月中旬までの戦いをレポートし、総括する。

 

 

 

 

 

U20世界選手権/U18女子世界選手権

U20世界選手権ディビジョンⅡグループAが12月11日から17日まで、エストニアの首都タリンで開催された。U20日本は昨季の世界選手権で参加辞退をしたため自動降格。ディビジョンⅠへの復帰を目指したが、最終戦でリトアニアとの全勝対決に敗れ、昇格はならなかった。日本戦を中心に振り返る。 U18女子世界選手権トップディビジョンは1月7日から14日までチェコのズリンとプルジェロフで行われ、日本は5戦全敗で最下位に終わり、来季のディビジョンⅠグループA降格となった。藤澤悌史監督が今大会での成果と課題を総括する。

 

 

 

第11回全日本女子中学高校生大会

11回目を迎えた日光杯全日本女子中学・高校生アイスホッケー大会は、今年からJOCジュニアオリンピックカップに格上げされ、12月24日~26日に栃木県日光市で開催された。全国から13チームが集い、決勝は2年連続で同じ顔合わせとなり、苫小牧が延長で帯広を下して昨季のリベンジを果たした。U18女子代表・藤澤監督の総括を中心にレポートする。

 

 

 

 

 

 

各種大会・連載

全国各地での大会結果を掲載するほか、USHL米国ジュニアリーグに挑戦する三浦優希選手やFHL北米独立リーグに挑戦中の大澤勇斗選手の近況報告。レフェリー川村一彦氏による「Justice on Ice」や三原卓也氏による北米スポーツ事情「From USA」の連載も好評。NHLの最新情報をお伝えする「NHLリポート」も充実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページのTOPへ