今月号の紹介
今月号
特集号の紹介
女子五輪予選の特集号
スポンサー
トップページ > 大学・国内アイスホッケー > 【インカレ決勝戦】中央が初優勝!(2012年1月9日)

大学・国内アイスホッケー ニュース

第84回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)は9日、北海道苫小牧市白鳥アリーナで「大学日本一」を決める決勝戦を行い、延長の末、中央が早稲田との激闘を制し、初優勝を果たした。

なお、先に行われた3位決定戦では、東洋が明治を下し、3位となった。

 

■ 決勝 早稲田 2 – 3 中央(OT)

延長3分、初優勝となる決勝ゴールを決めて喜ぶ中央の選手たち

第1ピリオド4分にFW八戸のミドルシュートで先制した中央は、8分にもFW林川のパワープレーゴールで2点をリードした。第2ピリオドを押し気味に進めた早稲田は、18分に相手ミスに乗じてFW高橋涼のショートハンドゴールで1点差とすると、第3ピリオド18分にも再び土壇場で、高橋涼が同点ゴールを挙げて、連日の驚異的な粘りを見せた。しかし、中央は延長3分、FW室谷がリバウンドを叩いて、悲願の初優勝を手に入れた。

 

▼GK=早稲田:高橋大/中央:佐々木

▼SOG=早稲田:15/13/11/3(計42) 中央:10/5/10/5(計30)

 

【中央/江守秀次監督】「キャプテンの水内中心に学生たちがよくやってくれた。チームとしての厳しさがあったと思う。早稲田が相手の場合、2点リードでは安全圏ではないことはわかっていた。ベンチでは『相手も苦しいので、脚を止めるな』ということを言い続けた。ようやく風穴を開けたという感じで、これで伝統校の仲間入りができたのではないか」

 

■ 3位決定戦 明治 1 – 2 東洋

第1ピリオド11分にFW今野がリバウンドを叩いて先制した東洋は、18分に明治FW上野にショートハンドゴールを献上したものの、第2ピリオド1分にFW春田のゴールで勝ち越して逃げ切った。

 

▼GK=明治:加藤/東洋:小林

▼SOG=明治:14/8/9(計31) 東洋:11/11/6(計28)

 

個人表彰は以下の通り。

・最優秀選手賞 水内直人(中央4年)

・ベスト6 GK佐々木亮(中央4年)/DF鈴木博敦(中央3年)、伊藤剛史(中央1年)/FW重野駿佑(中央4年)、室谷徹(中央2年)、寺尾裕道(早稲田4年)

・アシスト王賞 池田一騎(早稲田1年)

・得点王賞 高橋涼(早稲田3年)

 

トーナメント表はこちら(インカレホームページ内)

 

===Breakaway掲載記事===
Breakawayでは045号(2012年1月31日発売予定)で、インカレの模様を全試合レポートする予定です。

また、044号(好評発売中)では、インカレ展望特集を掲載しています。

観戦に便利な全国大学選手名鑑は040号(好評発売中/在庫少々)に掲載しています。

 

===関連リンク===
日本学生氷上競技連盟 ホームページ


=== Breakaway on Twitter ===
Breakaway Twitterホームページ

Twitter

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。ページ増の特大号は1冊1,300円(税込)となりますが、定期購読では10冊で9,900円(税込)と大変お得になっております。
お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください
●定期購読特典 1.購読料がお得 2.送料無料 3.フォトサービス(有料)


このページのTOPへ