今月号の紹介
今月号
特集号の紹介
女子五輪予選の特集号
スポンサー
トップページ >> アジアリーグ ニュース

アジアリーグ ニュース

栃木日光アイスバックスは25日、DF高橋淳一の現役引退を発表した。

 

21年間の現役生活を終えた高橋淳一

21年間の現役生活を終えた高橋淳一

高橋は、1996年に日光高校(現・日光明峰高校)から古河電工に入社し、日本リーグデビュー。99年の古河廃部にともない、日光アイスバックス(現・栃木日光アイスバックス)で活躍。

2004年に王子製紙(現・王子イーグルス)に移籍し、アジアリーグ優勝を経験。

2011年にバックスに復帰し、2014年には日本リーグ・アジアリーグ通算試合出場の日本記録を樹立。

現役21シーズンで、日本リーグ・アジアリーグ通算753試合は日本歴代1位、アジアリーグ通算528試合出場はアジアリーグ歴代1位の金字塔として輝いている。

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


アジアリーグ・アイスホッケーは11日、韓国・アニャンアイスアリーナでプレーオフ・ファイナル(3戦先勝方式)第3戦が行われ、アニャンハルラ(レギュラーリーグ1位)がサハリン(同2位)を下して、シリーズ通算3戦3勝で2年連続4回目の優勝を決めた。 

 

マルティネツ監督に水をかけて祝うハルラの選手たち/photo - Anyang Halla Ice Hcokey Club

マルティネツ監督に水をかけて優勝を祝うハルラの選手たち/photo – Anyang Halla Ice Hcokey Club

アニャンハルラ 3-2 サハリン(1OT/韓国・安養)

<第3戦=ハルラ 3勝> 

 

プレーオフの個人表彰も発表され、プレーオフ最優秀選手にはハルラのGKダルトンが、最優秀監督にはハルラのマルティネツ監督が選ばれた。

 

●アジアリーグ2016-17 最終順位

1 アニャンハルラ

2 サハリン

3 東北フリーブレイズ

4 栃木日光アイスバックス

5 王子イーグルス

6 日本製紙クレインズ

7 ハイワン

8 デミョンキラーホエールズ

9 チャイナドラゴン

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


アジアリーグ・アイスホッケーは9日、韓国・アニャンアイスアリーナでプレーオフ・ファイナル(3戦先勝方式)第2戦が行われ、アニャンハルラ(レギュラーリーグ1位)がサハリン(同2位)を下して優勝に王手をかけた。

 

ハルラはGKダルトン(左)の31セーブ完封/photo - Anyang Halla Ice Hockey Club

ハルラはGKダルトン(左)の31セーブ完封/photo – Anyang Halla Ice Hockey Club

アニャンハルラ 4-0 サハリン(韓国・安養)

<第2戦=ハルラ 2勝> 

 

アジアリーグ日程表はこちら(アジアリーグ・ホームページ)

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


栃木日光アイスバックスは9日、岩本裕司監督の今季限りでの退任を発表した。

 

勇退することが決まったバックス岩本監督

勇退することが決まったバックス岩本監督

岩本氏は2013年にバックスの監督に就任。2014-15シーズンには、全日本選手権で優勝し、クラブ初のタイトルをもたらした。
ベテランの活用と若手の育成に力を注ぎ、今季も全日本選手権で準優勝、アジアリーグでもプレーオフ・セミファイナル進出を果たした。

バックスを率いた4季で挙げたアジアリーグ83勝は、クラブ史上最多。

 

 

なお、後任監督は発表されていない。 

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


アジアリーグ・アイスホッケーは8日、韓国・アニャンアイスアリーナでプレーオフ・ファイナル(3戦先勝方式)第1戦が行われ、アニャンハルラ(レギュラーリーグ1位)がサハリン(同2位)を下して先勝した。

 

ハルラはGKダルトンの安定した守りでサハリンにリズムを与えなかった/photo - Anyang Halla Ice Hockey Club

ハルラはGKダルトンの安定した守りでサハリンにリズムを与えなかった/photo – Anyang Halla Ice Hockey Club

アニャンハルラ 6-2 サハリン(韓国・安養)

<第1戦=ハルラ 1勝> 

 

アジアリーグ日程表はこちら(アジアリーグ・ホームページ)

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


アジアリーグ・アイスホッケーは1日、日光霧降アイスアリーナでプレーオフセミファイナル(3戦先勝方式)第4戦の1試合が行われ、サハリン(レギュラーリーグ2位)がOTの末、栃木日光アイスバックス(同6位)に勝利し、2回目のファイナル進出を決めた。この結果、2季連続、日本勢がファイナルを前に姿を消した。 

 

勝利を喜ぶサハリンの選手たち

第1OT5分、エリョミンが決勝ゴールを挙げ、勝利を喜ぶサハリンの選手たち

栃木日光アイスバックス 2-3 サハリン(1OT/日光)

<第4戦=サハリン 3勝1敗> 

 

アジアリーグ日程表はこちら(アジアリーグ・ホームページ)

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


アジアリーグ・アイスホッケーは28日、韓国・アニャンアイスアリーナでプレーオフセミファイナル(3戦先勝方式)第3戦の1試合が行われ、アニャンハルラ(レギュラーリーグ1位)が東北フリーブレイズ(同4位)を下し、3季連続5回目のファイナル進出を決めた。

 

アニャンハルラ 4-1 東北フリーブレイズ(韓国・安養)

<第3戦=ハルラ 3勝> 

 

アジアリーグ日程表はこちら(アジアリーグ・ホームページ)

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


アジアリーグ・アイスホッケーは27日、ロシア・ユジノサハリンスク・アイスパレスクリスタルでプレーオフセミファイナル(3戦先勝方式)第3戦の1試合が行われ、栃木日光アイスバックス(レギュラーリーグ6位)がサハリン(同2位)に完封負けを喫し、対戦成績は1勝2敗となった。

 

サハリン 6-0 栃木日光アイスバックス(ロシア・ユジノサハリンスク)

<第3戦=サハリン 2勝1敗> 

 

アジアリーグ日程表はこちら(アジアリーグ・ホームページ)

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


アジアリーグ・アイスホッケーは26日、韓国・アニャンアイスアリーナなどでプレーオフセミファイナル(3戦先勝方式)第2戦の2試合が行われ、栃木日光アイスバックス(レギュラーリーグ6位)がサハリン(同2位)に競り勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。東北フリーブレイズ(同4位)はアニャンハルラ(同1位)に逆転負けを喫し、ファイナル進出にあとがなくなった。

  

第2ピリオド8分、ハルラはアン・ジョンヒョンのゴールで同点としてペースをつかんだ/photo - Anyang Halla Ice Hockey Club

第2ピリオド8分、ハルラはアン・ジョンヒョン(中央)のゴールで同点としてペースをつかんだ/photo – Anyang Halla Ice Hockey Club

アニャンハルラ 6-2 東北フリーブレイズ(韓国・安養)

<第2戦=ハルラ 2勝>

 

サハリン 2-3 栃木日光アイスバックス(ロシア・ユジノサハリンスク)

<第2戦=サハリン 1勝1敗> 

 

アジアリーグ日程表はこちら(アジアリーグ・ホームページ)

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


アジアリーグ・アイスホッケーは25日、韓国・アニャンアイスアリーナなどでプレーオフセミファイナル(3戦先勝方式)第1戦の2試合が行われ、栃木日光アイスバックス(レギュラーリーグ6位)はサハリン(同2位)にOTの末、惜敗。東北フリーブレイズ(同4位)はアニャンハルラ(同1位)に完封負けを喫した。

 

第1ピリオド8分、ハルラはパク・ウサン(右から2人目)が先制点を挙げた/photo - Anyang Ice Hockey Club

第1ピリオド8分、ハルラはパク・ウサン(右から2人目)が先制点を挙げた/photo – Anyang Halla Ice Hockey Club

アニャンハルラ 2-0 東北フリーブレイズ(韓国・安養)

<第1戦=ハルラ 1勝>

 

サハリン 2-1 栃木日光アイスバックス(1OT/ロシア・ユジノサハリンスク)

<第1戦=サハリン 1勝> 

 

アジアリーグ日程表はこちら(アジアリーグ・ホームページ)

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===

Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000 → 定期購読だと ¥10,400 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください


次のページ»

このページのTOPへ