【女子世界選手権】カナダ 連覇達成!(2022.9.5)

2022 IIHF女子世界選手権トップディビジョンは4日(現地時間)、デンマーク・ヘアニングで決勝などを行い、決勝でカナダ(世界ランキング1位)はアメリカ(同2位)に勝ち、大会2連覇を達成。3位決定戦ではチェコ(同7位)がスイス(同4位)に勝ち、初の銅メダルを獲得した。

 

決勝:カナダ 1-2 アメリカ

カナダは第2ピリオド9分と10分にFWジェナーの連続ゴールで2点を先行すると、アメリカの反撃を1点に抑えて逃げ切った。

カナダは昨季に続いて大会2連覇。2月の北京五輪も含めると世界大会3連覇となった。

大会MVPには7ゴール11アシストを挙げたアメリカのFWヘイズが選ばれた。

 

3位決定戦:スイス 2-4 チェコ

 

●女子世界選手権トップディビジョン 最終順位

優勝:カナダ

2位:アメリカ

3位:チェコ

4位:スイス

5位:日本

6位:フィンランド

7位:スウェーデン

8位:ハンガリー

9位:ドイツ

10位:デンマーク

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz

【女子世界選手権】日本 フィンランドに勝ち史上最高の5位(2022.9.4)

2022 IIHF女子世界選手権トップディビジョンは4日(現地時間)、デンマーク・フレゼリクスハウンで5位決定戦を行い、日本(世界ランキング6位)はフィンランド(同3位)に勝ち、日本史上最高の5位となった。

 

フィンランド 0-1 日本(SO)

第1ピリオド、日本は北京五輪銅メダルのフィンランド相手に互角の展開に持ち込んだが、第2ピリオド以降はフィンランドに攻められる時間帯が増えた。しかし、日本はGK増原(道路建設ペリグリン)を中心に堅い守りで切り抜け、オーバータイム(OT)に持ち込んだ。OTでもフィンランドの優勢が続いたが凌ぎ切ると、ペナルティショットシュートアウト戦(SO)では3人目のFW床(Linkoping / スウェーデン)、4人目のFW小山(SEIBUプリンセスラビッツ)が決め、フィンランドの5人のシューターを1ゴールに抑えて勝った。

増原は61セーブ無失点だった。

 

今大会は世界ランキング5位のロシアが不参加であるものの、日本の世界選手権トップディビジョン5位は史上最高順位。日本は来季も予選リーググループA(上位リーグ)で戦うことになる。

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz

【女子世界選手権】日本 逆転勝ちで5位決定戦へ(2022.9.4)

2022 IIHF女子世界選手権トップディビジョンは3日(現地時間)、デンマーク・フレゼリクスハウンなどで5-8位決定戦など4試合を行い、日本(世界ランキング6位)はスウェーデン(同8位)に勝ち、5位決定戦に進んだ。

 

日本 5-4 スウェーデン

第1ピリオドにスウェーデンに3点の先取を許した日本は、第2ピリオドにFW床(Linkoping / スウェーデン)、FW永野元(SEIBUプリンセスラビッツ)、FW伊藤(Daishin)の3連続パワープレーゴールで同点とすると、第3ピリオド7分には床のバックハンドシュートで逆転に成功。一旦はスウェーデンに追いつかれたものの、17分にFW小山(SEIBU)がこぼれ球を押し込んで決勝点を挙げた。

日本のGK増原(道路建設ペリグリン)は32セーブ4失点だった。

 

■ 女子世界選手権トップディビジョン 日本の今後の試合日程

5位決定戦

9月4日 日本時間18:00 対フィンランド(世界ランキング3位)

※日本の世界ランキングは6位

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz

【女子世界選手権】日本 惜しくもベスト4ならず(2022.9.1)

2022 IIHF女子世界選手権トップディビジョンは1日(現地時間)、デンマーク・ヘアニングなどで準々決勝4試合を行い、日本(世界ランキング6位)はスイス(同4位)にペナルティ・ショット・シュートアウト(SO)戦の末に敗れ、惜しくもベスト4進出はならなかった。

 

スイス 2-1 日本(SO)

FWミュラー、FWスタルダーの二枚看板が欠場のスイスに対し、日本は第2ピリオド14分、カウンター攻撃からDF人里(Linkoping HC / スウェーデン)のシュートリバウンドをFW伊藤(Daishin)が押し込んで先制した。しかし、第3ピリオド6分にミスからスイスにショートハンドゴールを献上し同点とされた。日本は健闘したものの、オーバータイムでは決定機を生かせず、SOでは4人全員が決めることができず、スイスの2人にゴールを許して逆転負けを喫した。

日本のGK増原(道路建設ペリグリン)は22セーブ1失点だった。

 

■ 女子世界選手権トップディビジョン 日本の今後の試合日程

5-8位決定戦(1回戦)

9月3日 日本時間23:00 対スウェーデン(世界ランキング8位)

※日本の世界ランキングは6位

※勝者は5位決定戦へ進む

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz

【女子世界選手権】準々決勝での日本の相手はスイスに(2022.8.31)

2022 IIHF女子世界選手権トップディビジョンは30日(現地時間)、デンマーク・ヘアニングなどで4試合を行い、予選リーグの全日程を終えた。

 

予選リーグの順位は以下の通り。

グループA:1アメリカ、2カナダ、3フィンランド、4スイス、5日本

グループB:1チェコ、2スウェーデン、3ハンガリー、4ドイツ、5デンマーク

 

この結果、グループA各チームとグループB上位3チームにより行われる準々決勝で、日本(世界ランキング6位)はスイス(同4位)と対戦することになった。

予選リーグではスイスが3-1で日本に勝っている。 

 

■ 女子世界選手権トップディビジョン 日本の今後の試合日程

決勝トーナメント・準々決勝 9月1日 日本時間19:00 対スイス(世界ランキング4位)

※日本の世界ランキングは6位

※予選リーグ・グループAは全5チームが決勝トーナメントへ進む

※予選リーグ・グループBは5チーム中上位3チームが決勝トーナメントへ進む

※決勝トーナメントの対戦カードは予選の順位によって決まる

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz

【女子世界選手権】日本 予選5位で準々決勝へ(2022.8.30)

2022 IIHF女子世界選手権トップディビジョンは29日(現地時間)、デンマーク・ヘアニングなどで4試合を行い、予選リーグ・グループAの日本(世界ランキング6位)はフィンランド(同3位)に敗れ、4戦4敗で予選リーグを終えた。

 

フィンランド 9-3 日本

1点を先制された日本は第1ピリオド13分、見事なパス回しからFW志賀紅(トヨタシグナス)が決めて同点とした。その後、フィンランドが3点リードして迎えた第2ピリオド11分には、カウンター攻撃から志賀紅が自らのシュートリバウンドを叩いてこの試合2点目。2-9となった第3ピリオド18分には攻め上がったDF志賀葵(トヨタシグナス)のゴールで3点目を奪ったが、フィンランドの分厚い攻撃の前に敗れた。

日本のGK増原(道路建設ペリグリン)は42セーブ9失点だった。

 

この結果、日本は予選リーグ・グループAでの5位が決定し、決勝トーナメントの準々決勝では同グループで4位となったチームと対戦することになった。同グループの1位から4位までの順位は、30日の試合結果によって決まる。

 

■ 女子世界選手権トップディビジョン 日本の今後の試合日程

9月1日 時間対戦相手未定 決勝トーナメント・準々決勝

※日本の世界ランキングは6位

※今大会は10チームが参加

※予選リーグ・グループAは全5チームが決勝トーナメントへ進む

※予選リーグ・グループBは5チーム中上位3チームが決勝トーナメントへ進む

※決勝トーナメントの対戦カードは予選の順位によって決まる

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz

【女子世界選手権】日本 カナダに敗れ3連敗(2022.8.29)

2022 IIHF女子世界選手権トップディビジョンは28日(現地時間)、デンマーク・ヘアニングなどで2試合を行い、予選リーグ・グループAの日本(世界ランキング6位)はカナダ(同1位)に敗れ、3戦3敗となった。

 

日本 0-9 カナダ

第1ピリオド1分にカナダの先制を許した日本は、第1ピリオドに3失点、第2ピリオドに4失点を喫すると、第3ピリオドにも2点を許し、0-9で完敗した。

シュート数はカナダの69本に対して、日本は5本に終わった。

無反則のカナダは、キャプテンのFWプーランが2ゴールを挙げたほかは、すべて違う選手が得点した。

日本のGK小西(Vanersborgs HC / スウェーデン)は29セーブ4失点、GK川口(Daishin)は31セーブ5失点だった。

 

■ 女子世界選手権トップディビジョン 日本の今後の試合日程

8月29日 日本時間22:00 対フィンランド(世界ランキング3位)

9月1日 時間対戦相手未定 決勝トーナメント・準々決勝

※日本の世界ランキングは6位

※今大会は10チームが参加

※予選リーグ・グループAは全5チームが決勝トーナメントへ進む

※予選リーグ・グループBは5チーム中上位3チームが決勝トーナメントへ進む

※決勝トーナメントの対戦カードは予選の順位によって決まる

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz

【女子世界選手権】日本 スイスに敗れ2連敗(2022.8.27)

2022 IIHF女子世界選手権トップディビジョンは26日(現地時間)、デンマーク・ヘアニングなどで2試合を行い、予選リーグ・グループAの日本(世界ランキング6位)はスイス(同4位)に敗れ、2戦2敗となった。

 

スイス 3-1 日本

日本は第1ピリオドから第2ピリオド序盤に掛けて4回のペナルティキリングを凌いだが、スイスは第2ピリオド7分にFWスタルダー、18分にFWミュラーがゴールを挙げ、2点を先取した。

日本は第3ピリオド終盤に6人攻撃を敢行したが失点。19分にFW志賀紅のゴールで2点差まで迫ったが、反撃はそこまでだった。

日本のGK増原(道路建設ペリグリン)は17セーブ2失点だった。

 

■ 女子世界選手権トップディビジョン 日本の今後の試合日程

8月28日 日本時間22:00 対カナダ(世界ランキング1位)

8月29日 日本時間22:00 対フィンランド(同3位)

9月1日 時間対戦相手未定 決勝トーナメント・準々決勝

※日本の世界ランキングは6位

※今大会は10チームが参加

※予選リーグ・グループAは全5チームが決勝トーナメントへ進む

※予選リーグ・グループBは5チーム中上位3チームが決勝トーナメントへ進む

※決勝トーナメントの対戦カードは予選の順位によって決まる

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz

【女子世界選手権】日本 アメリカに完敗スタート(2022.8.26)

2022 IIHF女子世界選手権トップディビジョンは25日(現地時間)、デンマーク・ヘアニングなどで開幕。予選リーグ・グループAの日本(世界ランキング6位)はアメリカ(同2位)に大敗した。

 

日本 0-10 アメリカ

大会開幕戦。日本は立ち上がり健闘を見せたが、第1ピリオド6分にアメリカに先制点を許すと、19分の連続失点など第1ピリオドで4失点。第2ピリオド以降もパワーとスピードで勝るアメリカの前に失点を重ね、10点差で敗れた。

アメリカはFWカーペンターの2得点以外は、すべて違う選手が得点した。

日本のGK小西(Vanersborgs HC / スウェーデン)は22セーブ7失点、増原(道路建設ペリグリン)は30セーブ3失点だった。

 

■ 女子世界選手権トップディビジョン 日本の今後の試合日程

8月26日 日本時間27日 1:30 対スイス(世界ランキング4位)

8月28日 日本時間22:00 対カナダ(同1位)

8月29日 日本時間22:00 対フィンランド(同3位)

9月1日 時間対戦相手未定 決勝トーナメント・準々決勝

※日本の世界ランキングは6位

※今大会は10チームが参加

※予選リーグ・グループAは全5チームが決勝トーナメントへ進む

※予選リーグ・グループBは5チーム中上位3チームが決勝トーナメントへ進む

※決勝トーナメントの対戦カードは予選の順位によって決まる

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz

【女子日本代表】五輪3大会キャプテン・大澤ちほ、現役引退を発表(2022.8.1)

女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」のキャプテンを長年務めたFW大澤ちほは1日、自身のSNSを更新し、昨季限りでの現役引退を発表した。

 

長年キャプテンとしてスマイルジャパンを牽引してきた大澤ちほ

大澤は1992年北海道苫小牧市生まれ。

快速ウイングとして豊富な運動量を武器に活躍し、高校2年だった2008年にバンクーバー五輪最終予選で日本代表入り。

卓越したキャプテンシーから、2014年のソチ五輪、2018年の平昌五輪、2022年の北京五輪の3大会連続で五輪出場を果たしたスマイルジャパンのキャプテンを、いずれの大会でも務めた。

 

国内では主に道路建設ペリグリンで活躍。2025-16シーズンにはアメリカに渡り、平昌五輪後はスウェーデンリーグでもプレーしていた。

 

五輪代表3回、世界選手権代表8回。

五輪通算15試合出場、1ゴール5アシスト6ポイント。

 

===Breakaway定期購読のお知らせ===
Breakawayのお求めは送料無料の年間定期購読が便利です。

年間10冊分の予定価格 ¥13,000(税込) → 定期購読だと ¥10,400(税込) 20%オフ(2冊分お得)

お申し込み・詳細についてはこちらをご覧ください

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz